忍者ブログ
創って踊るSucker x punch & SoultoU裏方・しづこの日々の日記雑記つぶやき録。
| Admin | Write | Comment |
プロフィール
HN:
しづこ
性別:
女性
職業:
音楽業界裏方稼業
趣味:
読書、音楽鑑賞、手芸、ベリーダンス等々
自己紹介:
Sucker x punchのスタッフになって早数年。日々、メンバーに支えられて生きています。笑顔で頑張りまっす。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
LIVE Information
SoultoU
ライブはしばらくお休みです。
待て 復活!!

Sucker X punch
ライブはしばらくお休みです。
待て 復活!!
お天気情報
最新コメント
[11/04 nami]
[08/07 N]
[05/10 N]
[03/24 N]
[11/02 くじらん]
最新トラックバック
ブログ内検索
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日から自主練が始まりました。
今日は通常レッスンだったけど、まだ終わっていない振り付けを進めたり、
発表会で踊る曲のおさらいをしたり…。

昨日の自主練のお陰か、昨日よりはまぁ出来てたけどまだまだダメだ。
もう1ヶ月前なのにヤバい~\(>_<)/

衣装も手直ししないといけないし…。


とにかく、次回の練習までに出来ていないところを何とかしなくては…。

PR
今日は大親友Wと久々ランチ!
Wは今月末にベビちゃん出産予定。
なので、動けるうちに会いましょうということになり。

いいなぁ いいなぁ 赤ちゃん。
でも「ダンナに似てブサイクだったらどうしよう」って(笑)
どんなコでも、自分で産んだ子なんだからかわいいに決まってるでしょーって言ったら
「私だけの子ならかわいいけど、ダンナのエキスが入ってるんだよ!!」とな…。

私は世界で一番好きな人とじゃないと結婚できないから、
一番好きな人の赤ちゃんなら絶対にカワイイ!!

って断言したら
「しーちゃんはそうだよねぇ」と言われました。

でも、結婚してその人の子供を生むってことは、そこに絶対に何らかの“愛情”があるはずで、
だから子供を生めることってとっても幸せなことだと思うのです。
生んでもらうのもね。
いいなぁ、うらやましいなぁ。
私も好きな人の赤ちゃん欲しいなぁ。
きっと女子なら誰もが一度は思うことだよね。


元気な赤ちゃんが生まれますように!
私も早く会いたいな。
5時起きで足利フラワーパークまで行ってきました!
7時に着いたんだけど、割りと人が来てましたね。

藤の花が満開で、藤棚にいると藤の良い香りに包まれるんです。
紫大好きな私は、かなり癒されました。

藤のソフトクリームも、ほんのり藤の香りがして、爽やかな味で美味しかった♪



















今日は1日が長いわ~(笑)
Aちゃんに誘われて、Yちゃんと共に阿佐ヶ谷のとあるbarに遊びに行ってきました。
そこで初対面の人に好きな人の写真を見せまくっていたところ、
「目元がシュっとした人が好きなんですね。あなたも目元がシュっとしてますもんね」
と言われた。

ホントに良く言われるんだけど、やっぱり私は自分と似た顔の人が好きなのかなぁ?
でも、過去好きだった人が全てそういう顔立ちっていう訳じゃないんだけどなぁ~。
でも、基本的に目元がシュっとした人が好きなんだけどね。
今好きな人も、私と似てるって言われるし、
イケメン店長も似てるって言われたことあるし…。

これじゃまるで、私がナルシストみたいじゃないの!!

さてさて早々に読み終わってしまいました。

「殺人鬼フジコの衝動」

高津区一家惨殺事件の生き残り、フジコが何故殺人鬼になっていくのか、
何がフジコを殺人鬼にしてしまったのか。

もやもやします、読んでいてずーっと。
そのもやもやが何なのか、どうしてこんなにもやもやするのか…。

フジコが殺人鬼になっていくのを、ただただ見ていることしか出来ないんだけど、
殺人鬼になるのがすごく自然なことのような、当然なことに感じられます。
まるでそうなることが正しいような…。

でも、やっぱりもやもやする。
綾辻行人の「殺人鬼2」を読んでいるときと似たようなもやもや。

そのもやもやは、読み終わっても残ってる。

これね、ホントに読んでみてください。
読まないと分からない。
まるで悪魔に魅入られたように、読むのを止められなくなります。



そして続編
「インタビュー・イン・セル 殺人鬼フジコの真実」

これ!!
「殺人鬼フジコの衝動」を読んだら絶対読んで!!
もやもやの正体が、全てがこれで明らかになります!!

最後の最後まで気が抜けない。
人物相関図を書いていっても面白いかも。

フジコを巡る壮大な物語と、因果応報。
フジコはもしかしたら、誰もが成りうるのかも知れない。
そんなことも思いました。


とにかく、是非!
読んでみていただきたい作品です。
今月も終わっちゃったなぁ。

こんなに行く予定じゃなかったんだけど、
何だかんだで毎週末行ってしまいました(笑)
今月も色々悩んで立ち直って、また強くなれたような…気がしないでもない。


扇子もたくさん使ってもらえました。
あの扇子、私の分身みたいなものだからいつも一緒にいられるようで嬉しい(*^^*)

あー、何か…






まぁいいや(笑)



先日読み終わりました「図説 吉原事典」。
ひとこと、面白かったし勉強になりました!

女郎は体を張って仕事をしているから、お客を一晩に何人も取るのは
どれだけ心身に負担がかかるのかとか、
病気に対する知識が乏しいために病気が蔓延してしまい、
どんな結果を迎えるのかとか、容易に想像がつく。
一体女郎たちはどんな思いで仕事をしていたんだろう。
花魁にまで上り詰めて日本中の老若男女から憧れられても、
心の中はどんなだっただろう。
そう思うと、涙なしには読めませんでした。
多分、男女で感想が全く異なる本だと思います。

ちなみにこれを読み終わったその夜、「吉原炎上」を借りて見ました。
かなり忠実に作られた映画ということが良く分かりました。
本当に、こういう人生を送った女郎はたくさんいたことと思います。



はい次「婦系図」。
泉鏡花独特の、美しくも難解な文章に途中で投げ出してしまいましたが、
ストーリーはいたってシンプル。
ただ、ストーリーが大きく動き出すまでが長い長い…。
途中すごくだらだらしてしまうんだけど、後半1/4は涙涙でした。
主人公・早瀬主税(ちから)をとりまく女性たちの優しさ、強さ、
それぞれの愛情表現が切ない…。
早瀬の妻・お蔦と早瀬の恩師・酒井のやりとりも切ない。
ただ、やっぱり文章が難解だったので、もう1回読み返したいとも思います。

ちなみに、中学生?高校生?の頃「高野聖」を読もうと思って買ったんだけど、
やっぱり美しく難解な文章に心が折れてそのまま…。
今度ちゃんと読もう。
「外科室」も読みたい。


そして今はというと…
滅多に読まない最近のベストセラーでしかも女流作家「殺人鬼フジコの衝動」を
読んでます。
本屋さんでずっと気になってて、昨日買ってみたのですが、本当に数年ぶりに
読むのを止められない本です。
昨日も電車だけじゃ我慢できず家に帰ってから夜中の2時まで読んじゃって、
もうすぐ読み終わっちゃいます。
一緒に「南総里見八犬伝」も買ったんだけど、先にフジコの続編買って読んじゃう勢い。
感想は後日。

≪ Back   Next ≫

[6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]

Copyright c 紫の日記帳。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]