忍者ブログ
創って踊るSucker x punch & SoultoU裏方・しづこの日々の日記雑記つぶやき録。
| Admin | Write | Comment |
プロフィール
HN:
しづこ
性別:
女性
職業:
音楽業界裏方稼業
趣味:
読書、音楽鑑賞、手芸、ベリーダンス等々
自己紹介:
Sucker x punchのスタッフになって早数年。日々、メンバーに支えられて生きています。笑顔で頑張りまっす。
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
LIVE Information
SoultoU
ライブはしばらくお休みです。
待て 復活!!

Sucker X punch
ライブはしばらくお休みです。
待て 復活!!
お天気情報
最新コメント
[11/04 nami]
[08/07 N]
[05/10 N]
[03/24 N]
[11/02 くじらん]
最新トラックバック
ブログ内検索
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





いやはや昨日1日文楽漬でした。
初めてだったけど、すごく楽しかったです。
第一部は後ろから2列目で、第二部は最前列で鑑賞しましたが、
これはもう好みですね。
後方だと全体が良く見渡せるし、最前列はじっくり人形を見ることが出来る。
太夫や三味線を楽しみたければ上手側とか。
次は真ん中辺で観てみたいな。

第一部「一谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき)」
“一谷”で分かるように、源平の一の谷の戦いが背景です。
私はもともとコレはあまり興味なくて、二幕目の「曾根崎心中」が観たかったのですが、
いやいや、面白かった!!
気づいたらかなり入り込んじゃってて、泣いてました。

「曾根崎心中」
近松の名作中の名作なのに、何故か上演が途絶えてしまって、
江戸時代に上演されていたものはもう分からないそうです。
現在上演されているものは、新しく義太夫節をつけなおしたものなんですって。
イヤホンガイド、勉強になります。
道行~心中の場面、しいんとした静けさの中で、人形だけの美しい世界が
繰り広げられ、呼吸をするのさえ忘れていたような気がします。

第二部「寿式三番叟」
歌舞伎の「寿式三番叟」の文楽版です。
お正月を思い出してしまいました(笑)
2人の三番叟のうち、1人の人形が出てきたとき、不覚にも
「カッコイイ!!」と思ってしまいました。
まるで大好きなあの人を初めて観たときのような衝撃でした。
乱歩の「人でなしの恋」じゃないけど、人形に恋をするのも不思議じゃないのかも…。
「検非違使(けんびし)」っていう立ち役の首(かしら)です。
どうでもいいけど、「検非違使」って書いて「けんびし」って読むのね。
日本史だと「けびいし」なのに不思議~。
三番叟の踊りを観ていると、すごく気持ちがわくわくと楽しくなります。

「心中天網島」
最前列で観ていたからっているのもあるけど、女役の細かな所作、指先の動き、
もうホントに生きているかのようでした。
紙治の妻おさんが優しく布団をかける様子とか、小春が紙治に抱きつくところとか、
何とも言えないですね。
心中の場面で紙治が脇差を抜く場面もまた良かった。

義太夫も、大夫によって節回しが違うから面白い。
私は「一谷嫩軍記」で最初に出てきた大夫がすきです。
三味線も、どちらかというと琵琶っぽい印象を受けました。

いやー、良い一日でした!
また絶対観る!!!
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[1151] [1150] [1149] [1148] [1147] [1146] [1145] [1144] [1143] [1142] [1141]

Copyright c 紫の日記帳。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]